日本人の約70%が・・・

よく『包茎だから恥ずかしい』、『包茎を治したい』という話を耳にします。

包茎というのは、ペニスの亀頭が包皮(亀頭以外の陰茎の皮膚)に覆われている状態の事を言います。

逆に、ペニスの亀頭が包皮に包まれず露出している状態の事を露茎と言います。

包茎といっても種類があり、通常時(非勃起時)には包皮に覆われているが、勃起をすると亀頭が全部露出する、または自分で剥くと簡単に亀頭が露出するという包茎の事を『仮性包茎』。

通常時も勃起時も自然に露出せず、自分で剥く事が出来ない、剥くと痛みが伴う状態を『真性包茎』、勃起時に包皮を剥くとペニスを締め付けてしまう『カントン包茎』があります。

勃起時に亀頭がどのくらい露出するのかというのは個人差がありますが、日本人の約70%の人が包茎であると言われています。

この割合から言うと、逆に包茎の方が普通であるという言い方もできるかもしれません。

ですが、包茎だと包皮の内側に恥垢がたまり、悪臭が発生しやすいなどの衛生面でも問題が出てきますし、早漏になりやすいとも言われています。

また、性病などを感染しやすくなってしまうなど様々なリスクがあり、包茎の人の8割以上の人が包茎を治したいと思っているようです。

医学的見解からすると、真性包茎やカントン包茎の場合には手術を要するのですが、仮性包茎の場合にはしっかりと亀頭を清潔に保っていれば手術の必要はないと言われています。

とはいうものの、現代社会においては様々な性感染症も多くなってきていますし、包茎である事でコンプレックスを抱く人も少なくないようです。

包茎手術も技術が進んできており、手術のリスクは少なくなってきています。

もちろん手術をおこなう医師・クリニックによっても技術の差はありますが、最近では傷口も目立たず、痛みも少なく手術できますので、衛生面、精神面を考えると包茎手術をする事でのメリットも大きいようです。




日本人の約70%が包茎

フィード