包茎と性病

包茎の状態でいるという事は病気ではありませんが、包茎により引き起こされる病気もありますので気をつけなければなりません。

包茎は、亀頭に包皮が被っている状態になりますので、その包皮と亀頭の間に恥垢がたまりやすく、また湿っている状態ですので細菌が繁殖しやすい部分となっているのです。

比較的発症しやすいのが亀頭包皮炎です。

亀頭包皮炎は、その名の通り恥垢が溜まる事により亀頭と包皮が腫れたり膿を持ったりして炎症を起こすというものです。

亀頭包皮炎は悪化してしまうと、尿路に汗腺が広がり、腎孟腎炎や膀胱炎などの尿路感染症を引き起こし、おしっこをするたびに痛みが発生してきます。

また、炎症が原因で引き起こされる性器ヘルペスも包茎の人がかかりやすい性病となっています。

症状は人それぞれですが、一般的に性器に水膨れのような水泡ができ、炎症を起こしたりしてペニスに痛みを伴う事もあります。

その他には尖圭コンジロームという性病にも感染する事もあります。

尖圭コンジロームは不揃いなイボが発生する症状で、放置していてもこれ自体には問題がないと言われていますが他の感染症を招いてしまう危険性があります。

包茎は自分だけでなく、パートナーの女性にも悪影響を及ぼす事もあります。

パートナーの女性が発症しやすい病気には、子宮がん、子宮頚がんがあります。子宮がんや子宮頚がんは、男性の性器に付着した恥垢や雑菌が原因で引き起こされるケースもあるのです。

このように、包茎は自分だけでなく大切なパートナーも病気に感染させてしまう危険性があります。もちろん、仮性包茎の場合にはしっかりと清潔に保っていれば心配はありません。

また真性包茎やカントン包茎だからといって必ずしも性病になるというものではありませんが、その可能性が高まるという事は頭に入れておかなければなりません。

それらの可能性を回避するためにも包茎手術が必要になる場合もあるのです。




包茎と性病 ※亀頭包皮炎、おしっこをすると痛みが...

フィード