すぐに手当の必要がある場合も

包茎と一口に言っても仮性、真性、カントン包茎など状態によって様々です。

医学的には仮性包茎に関しては清潔に保っていれば手術をしなくても日常生活に支障がないと言われています。

ですが、真性の場合には、不妊の原因や勃起不全など日常生活や性生活に大きな問題がありますし、カントン包茎に関しては、無理に包皮を剥く事でうっ血や陰茎の圧迫、包皮が戻らなくなるなど様々なトラブルが発生する危険性がありますので、早急に治療・手術をする事が望ましいです。

単純に恥ずかしいから包茎手術をしたいという理由で手術をする人はいいのですが、真性包茎やカントン包茎の場合にはすぐにでも手術をしなければならないケースもあるのです。

とはいうものの、自分が真性包茎なのか仮性包茎なのかカントン包茎なのかというのはなかなかわからないところがあります。

他の男性のペニスと比べてみるという事もなかなかできないものですし、ネットなどで調べてみても言葉ではなかなかわかりにくい面もあります。

また、その包茎の状態も個人差があり、たとえカントン包茎だったとしても軽度の場合には手術は必要ない等、手術しなければならないかどうかの判断は出来ないものです。

そういった時には、専門の医療機関に相談をするといいでしょう。

とはいっても日本では『包茎は恥ずかしいもの』という風潮がありますので、近くの医療機関に行ってみるというのも抵抗がある人もいるようです。

そんな時には無料で電話やメールで相談にのってくれるクリニックもありますし、電話ではわからない時には直接カウンセリングをおこなってくれるところもあります。

包茎手術をするかどうかは別にしても、自分の包茎がどのような状態であるのか、手術をする場合にはどれくらいかかるものなのかを参考までに一度確認してみてもいいかもしれませんね。




包茎の種類、状態によっては、すぐに治療が必要な場合も...

フィード