カントン包茎とは合も

カントン包茎は、仮性包茎のように包皮を剥く事で亀頭をどうにか露出させることができます。

ですが、カントン包茎の場合には、包皮の口が狭いため無理に剥くと亀頭の根元を締め付けてしまうのです。

軽度のカントン包茎の場合には、締め付けによる違和感や不快感を除けば日常生活においてそれほど問題がないようです。

しかし、重度のカントン包茎となると、包皮による締め付けにより陰茎が圧迫され亀頭がうっ血して大きく腫れ上がってしまう事もあります。

それにより、包皮を亀頭に被せようと思っても元に戻せなくなってしまうのです。

そのまま放置しているとうっ血した部分(亀頭)が壊死してしまう危険性がありますので、専門の医療機関にいって治療してもらわなければならないのです。

また無理に包皮を剥く事で包皮が裂けてしまう事もあります。

それにより痛みも伴いますし、そこからばい菌が侵入し感染症を発症させてしまう事もあるのです。

無理に剥かなければいいのでは?と思われますが、そのままにしておくと仮性包茎と同じように覆われている部分にカスが溜まり悪臭を放つようになりますし、炎症を起こす事もあります。

また、剥かないつもりでいてもセックスの際に挿入して剥けてしまう事もあるのです。

カントン包茎の手術には基本的には保険が適用されませんが、亀頭がうっ血し、包皮が元に戻らない、締め付けが酷い状態などの緊急を要する場合には保険が適用されます。

軽度のカントン包茎の場合には、仮性包茎と同じように医学的には問題がないというケースもありますが、重度のカントン包茎の場合には早めに専門の医療機関に相談をする事が大切です。




カントン包茎の治療で保険が適用される場合とは

フィード