種類:カテゴリー

包茎の種類、状態によっては、すぐに治療が必要な場合も...

⇒ 【特集】 俺が吠える★包茎クリニックを独断と偏見で比較 すぐに手当の必要がある場合も 包茎と一口に言っても仮性、真性、カントン包茎など状態によって様々です。 医学的には仮性包茎に関しては清潔に保っていれば手術をしなくても日常生活に支障がないと言われています。 ですが、真性の場合には、不妊の原因や勃起不全など日常生活や性生活に大きな問題がありますし、カントン包茎に関しては、無理に包皮を剥く事でう


仮性包茎であることのデメリット

⇒ 【特集】 俺が吠える★包茎クリニックを独断と偏見で比較 仮性包茎とは 包茎には仮性包茎・真性包茎・カントン包茎など、種類がいくつかあります。 包茎で悩んでいる、包茎手術をしたという話をよく聞きますが、そのほとんどの場合は仮性包茎であるケースが多いようです。 日本人の約70%の人が包茎であると言われていますが、そのうちの60%~65%くらいが仮性包茎であると言われています。 仮性包茎は、通常時(


カントン包茎の治療で保険が適用される場合とは

⇒ 【特集】 俺が吠える★包茎クリニックを独断と偏見で比較 カントン包茎とは合も カントン包茎は、仮性包茎のように包皮を剥く事で亀頭をどうにか露出させることができます。 ですが、カントン包茎の場合には、包皮の口が狭いため無理に剥くと亀頭の根元を締め付けてしまうのです。 軽度のカントン包茎の場合には、締め付けによる違和感や不快感を除けば日常生活においてそれほど問題がないようです。 しかし、重度のカ


真性包茎の治療には保険が適用される?

⇒ 【特集】 俺が吠える★包茎クリニックを独断と偏見で比較 真性包茎のもたらす悪影響 真性包茎は、通常時(非勃起時)だけでなく勃起時にも亀頭が露出しないタイプの包茎になります。 自分で皮を剥こうとしても露出せず、また痛みが伴う事もあります。 この原因として、包皮の口の部分が非常に狭いため亀頭が出てこない、または亀頭と包皮が癒着を起こしているためにおこるようです。 真性包茎は常に包皮に覆われている



Page: 1


Page: 1
フィード