手術の後、すぐに運動してもいい?

包茎手術自体はそれほど長時間にわたるものでもありませんし、多少のリスクはあるもののそれほど危険性は高くありません。

ですが、気をつけなければいけないのが手術後です。

クリニックによっても包茎手術の方法は異なりますが、抜糸の必要のあるなしにかかわらず包皮を切除する包茎手術をおこなった場合には、必ず患部は縫わなければいけません。

そのため、包茎手術をした直後はペニスを安静にしなければいけません。また、傷口から雑菌が入る可能性もありますので注意が必要です。

そのため完治するまでの期間は激しい運動は出来ないのです。

もちろん、セックスをおこなうこともしてはいけません。

完治するまでの期間というのはクリニックによって若干説明が違うかもしれませんが3~4週間程度が目安となっているようです。

その期間は全く運動してはいけないのかというと、そういうわけではありません。

1ヶ月間は激しい運動が禁止なだけで、軽いジョギングやウォーキングなどは手術後1週間程度経過したら可能です。

ここでいう激しい運動というのは、格闘技やスポーツなどのペニスが圧迫されたり衝撃を与えられるような危険性が高い激しい運動は控えるという事です。

一般的な人はそれほど激しい運動はそれほど必要ない人が多いですが、中には仕事や趣味などで、激しい運動を早めにしなければいけないという人もいます。

そういった人は、術後の経過を医師に確認してもらってから運動をおこなうのが望ましいです。

また、この日までには完治したいという目指す日がある場合には、事前にクリニックに相談をして、その日までを逆算して手術するように検討するといいでしょう。




包茎手術の後、すぐに運動してもいい?

フィード