手術の時間はどれくらい?

包茎手術とはいえ、包皮を切除して縫合するのだからかなりの時間が要求され、入院もしなければならないのではないかと不安になっている人もいるようです。

ですが、最近のクリニックでは、包茎手術の場合には全身麻酔ではなく局所麻酔を使用しますので入院の必要はありません。

包茎の種類、ペニスの形・大きさ、包皮の厚さ・長さなどにもより個人差はありますが、平均的な包茎手術に要する時間は40~50分程度で終わります。

包茎手術前におこなうカウンセリング・ペニスの状態の確認、手術後のアフターケアなどに関する説明をおこなう時間をあわせても、来院から2時間程度で帰る事も出来るようです。

優良なクリニックでは他の患者さんと顔を合わせる事がないように包茎手術をおこなう際には事前予約が必要となるケースが多いようです。

そのため、突然来院して手術してもらうという事は出来ませんが、そのかわり事前に予約を入れておけば待ち時間もなくある程度予定通りの時間に手術が終了できます。

そのため、仕事終わりなどちょっとした時間を利用して包茎手術ができるので、誰にも気づかれずに包茎を解消する事も可能です。

ただし、クリニックによっては縫合手術の際に抜糸しなければいけない糸を使用する場合もあります。

その場合には、抜糸をしに再来院しなければいけませんが、抜糸の必要のない溶ける糸を使用するクリニックでは、異常がなければ再びクリニックに訪れる事も必要ありません。

このように手術と言っても包茎手術は短時間でできる比較的リスクの少ない手術になります。




包茎手術の時間はどれくらい?

フィード