手術の失敗はある?

包茎手術で最も心配する点が、手術の失敗しないかどうかです。

包茎手術の技術は昔よりもはるかに向上しているため、失敗は少なくなってきているようです。

それでもクリニックによっては医師の技術の未熟、知識の低さなどで手術が失敗となってしまうケースもないわけではありません。

包茎手術の失敗というのは、包皮の切りすぎ、包皮の切除不足などがあります。

包皮の切除不足だと、せっかく高額な費用を支払って手術したのにまだ被っている状態になってしまいます。

切除不足の場合には、再切除してもらえばいいですので、まだいいほうですが、包皮を切りすぎてしまうと、勃起時に皮が突っ張ってしまい、痛みを伴う事もあります。

また、最近では包茎手術の技術も向上しているため、ほとんど傷口が目立たない手術が主流となってきています。

そのため包茎手術でキズが目立ってしまうという事も、包茎の失敗と言えるようです。

ですが、技術レベルの低いクリニック等では、『包茎は治った』という感覚で失敗とは認めないケースもあるようです。

また、その傷口を消すために、包茎手術の費用以外に費用を請求してくる悪徳なクリニックもあるようです。

こういった失敗を極力回避するためには、優秀な医師のいるクリニックを選ぶ必要があります。

また、しっかりと手術前に綿密なカウンセリングと余分な包皮の測定をおこなうシステムがあるクリニックが望ましいです。

また、それまでの手術の症例が豊富にあるのか、もし失敗した時の再手術も無料でおこなってくれるのか、手術後のアフターケアはしっかりしているのかなどを事前にチェックしておくことが大切です。

上野クリニックでは、20万症例以上の実績もありますし、一人ひとりに合わせた適切な手術をおこなっています。

また、本田ヒルズタワークリニックでは、日本一の個人手術数を誇る本田医師が直接執刀し、患者さん一人ひとりのペニスの形、皮の長さ、勃起時の大きさなどを見極めて最良の治療をおこなってくれます。

どこのクリニックがいいかという事は一概には言えないのですが、これらのクリニックのように手術方法や症例数の豊富さなどが明確になっているところで施術をおこなうのが望ましいです。




包茎手術の失敗 ※包皮の切りすぎ、切除不足

フィード