手術が必要になるのは?

包茎を解消するためには、手術が最もポピュラーな解消方法です。

ですが、実際、仮性包茎は恥垢が溜まりやすい、臭いがする、早漏になりやすい等のデメリットはあるものの、日常生活や性生活に直接異常を起こすことがほとんどないため、必ずしも手術をしなければならないというわけではありません。

恥垢がたまらないようにしっかりと清潔にしておけば、無理に手術をしなくてもいいのです。

また、本田ヒルズタワークリニックのように、一部の仮性包茎に限り、切らないで治療ができるケースもありますので、切る事によるリスクを回避できる場合もあります。

ですが、真性包茎やカントン包茎に関しては、手術をした方がいいケースもあります。

軽度のカントン包茎に関しては、包皮を剥いてちょっとした締めつけがある程度であれば手術をしなくてもいいケースもあります。

ですが重度のカントン包茎の場合には無理やり包皮を剥いてしまい、陰茎を圧迫して亀頭がうっ血して腫れあがってしまう事もあります。

うっ血をそのままにしておくと、包皮も戻せませんし、場合によってはうっ血部分が壊死してしまう危険性もあるのです。そういった場合には手術が必要となります。

また真性包茎の場合には、常に亀頭が包皮で覆われている状態ですので、セックスをして膣内射精をしたとしても、十分な量の精液が子宮まで届かず、不妊になってしまう事もあります。

また、亀頭が十分に成長しないためにセックスすら正常におこなう事が出来ないケースがあるようです。

このように真性包茎の場合も治療が不可欠という事になります。とはいっても、真性包茎だからといって絶対に手術でなければ治らないというわけではありません。

最近では、手術をしなくても真性包茎を解消することができるグッズも開発され、販売しています。

もちろんこちらも100%解消できるということはないようですが、包茎グッズ キトー君 などは、効果が出なければ返金するというシステムを導入しているところもありますので、試してみてもいいかもしれません。

そして、もしそれでも効果が出なかったら包茎手術を検討するというのが費用の面でも傷を残さないためにもいいかもしれませんね。




包茎手術が必要になるケースとは

フィード