真性包茎のもたらす悪影響

真性包茎は、通常時(非勃起時)だけでなく勃起時にも亀頭が露出しないタイプの包茎になります。

自分で皮を剥こうとしても露出せず、また痛みが伴う事もあります。

この原因として、包皮の口の部分が非常に狭いため亀頭が出てこない、または亀頭と包皮が癒着を起こしているためにおこるようです。

真性包茎は常に包皮に覆われているため、悪臭を放ちやすくなりますし、悪化すると陰茎がんを発症する事もあります。

清潔にしようと思っても、仮性包茎のように包皮を剥けるわけでもありませんので、どうする事もできないのです。

また真性包茎は亀頭の成長が妨げられてしまいますので、先細りのペニスになってしまう事もあります。

それだけでなく、セックスをして射精をしたとしても包皮が邪魔をして子宮に十分に精子が届かずに不妊になってしまう事もあるのです。

また常に包皮に覆われているため、刺激が感じられず勃起不全になってしまう事もあるようです。

このように真性包茎は、精神的にも肉体的にも大きな影響がありますので、真性包茎は手術が必要な包茎になります。そのため、真性包茎の治療には保険が適用されているのです。

真性包茎である人は、日本人男性の1~2%程度と言われており、それほど多いわけではありません。

ですが、真性包茎は多くの面で生活の支障となりますので、もしも自分が真性包茎なのではないかと思ったなら、まずは専門の医療機関などに相談をしてみるといいでしょう。

そして真性包茎と判明したならば、自分の為だけでなく、大切なパートナーとの生活の為にも早めに手術をおこなうことが望ましいです。




真性包茎の治療には保険が適用される?

フィード