愛媛県・松山市の包茎手術クリニック【格安MAP】

愛媛県で包茎治療する場合の選択肢は・・・。え?1つ?

愛媛県で包茎治療する場合の選択肢は・・・。え?1つ? さて、蛇口をひねるとポンジュースが出るという街...松山市近辺での包茎手術である。

まぁアレだ..空港に本当に設置したってとこまでは良かったけど、大っぴらに宣伝しちゃったところはセンスねぇよな。

あぁゆうのは、口コミでジワジワ広がってくから面白...

えっと何の話しだったっけ?うん、包茎治療だ。...^^; (ジュースは全く関係なかった)
はい、つかみはオッケーってことで、早速始めるぞう。

えーとね、いきなりだけど、愛媛県ってゆうか、松山市にある包茎治療クリニックってゆうと、めぼしいのは以下の1院だけなんだ。

この場合のめぼしいってのは、アレな。値段が安いっぽくて、それでいて過去に多くの包茎治療してる実績のあるとこって意味な。だって、技術的に危なっかしい医者に大事なムスコを任せたくないだろ?

このページは松山市エリアの包茎治療院を検証するのが趣旨なんだが、ヒルタワしかないってんじゃ、検討にもなりゃしないよな? やっぱ比較対象がないとねぇ。

ってなわけなので、最後にちょっと おまけ もつけよう...うん、今そう決めたオレ。

ヒルタワ松山院には大きく2種類の術式が

さて、それじゃあヒルタワ松山院を見ていこう。

えーと..クリニックがあるのは、JR松山駅じゃなくて伊予鉄の松山市駅のほうだな。

松山市駅北口を出て、目の前のバスロータリー(路面電車の駅があるとこ)を左に回っていって、バスの6番乗り場のあたりにあるユアーズビルの3階だ。

ヒルタワの包茎手術には以下の2種類のメニューがあるんだな。

  • 切らない手術・・・NC法:31,500円 / SC法:126,000円
  • 切る手術・・・BaC法:52,500円 / PrC法:210,000円 / PaC法:315,000円

とりあえず、値段的に1番安いところをフォーカスしていくぞう。

切らない手術(NC法:31,500円)

切らない包茎手術(NC法:31,500円) これはね、割と軽めの状態の仮性包茎にだけ適用される術式だな。

エッチなビデオとか見てるとムスコもまぁ準備オッケーってなるだろ?

そんときに亀ちゃんがジャジャジャジャーンって勝手に飛び出てるような仮性包茎クンなら該当するみたいだぞ。
手を使って、出ておいでー..ってやってやらなきゃダメなキミはNGってわけだ。
ま、ちゃんとした判断はキミのムスコを診たクリニックの先生がすることになるんだけど。

ヒルタワの 切らない手術 は、
包皮の余ってる部分を根元に寄せて医療用の接着剤でくっつけちゃうってな方法。

だから、この術式の最大の利点は痛みがないってことだな。

ただし、歳をとると接着剤の着きが悪くなるんだって。
目安として30代に入った仮性クンには適用できない可能性が高いみたいだぞ。

切る手術 (BaC法:52,500円)

切る手術 (BaC法:52,500円) こっちは、判るよな?..いわゆる一般的に想像する包茎手術の方法だね。つまり、包皮の余ってる部分を切り除くわけだ。

接着剤が効かなくなった30代以上の仮性包茎のキミや、手で介添えしてやらないと亀ちゃんがジャジャジャーンと飛び出してこないようなキミはこっち。

後は、カントン包茎、真性包茎のキミらも勿論こっちだね。

オーケー。術式は大体わかった、じゃあ費用はどうなの?ってゆう話しに移ろうか。 最も気になる部分だよな?

ヒルタワ松山院の治療費用について

ヒルタワ松山院の治療費用について ヒルタワの治療費用は術式によって以下の通りとなる。

  • 切らない手術 ⇒ 31,500円
  • 切る手術 ⇒ 52,500円

もちろん、上記の金額はもっとも基本的な治療を行う場合の値段。

せっかくの機会だから、いっそ亀頭増大や長茎術なんかのオプションを追加して一気にグレードアップをするって場合には、それなりに金額もアップするぞ。

ちなみに接着剤式の 切らない手術 がNGだった場合、縫合式の 切らない手術 ってのもある。...けど、料金はいきなり10万円オーバーコースだ。

つまり、ヒルタワでは、縫合式の 切らない手術 をするくらいなら、いっそ切っちゃったほうが全然安いってわけだ。

格安料金を追求するなら、高松へ飛ぶ手も

格安料金を追求するなら、高松へ飛ぶ手も ま、余ってる包皮とはいえ身体の一部だからなぁ。切らなくてもいいなら切りたくない...ってんなら、潔く10万円をポーンと払えば...

いくない!もったいないソレ。
そんなキミは、本番に讃岐うどんを食べに行ってみないか?
...? ...? 話しに脈絡がないぞ ^^;

うどん食ったら包茎が治る..って落語にもないわ、そんな話し。ってなわけで、ここからは最初の方に書いた おまけ の部分に突入するってことだぞう。

蛇口をひねるとうどんが出てくるという街、高松市(香川県)には以下の2つの包茎治療クリニックがある。

ってゆうか、四国の包茎治療院でめぼしいところって松山のヒルタワと高松のこの2つくらいなんだよね。
ここで言うめぼしいってのは、多くの治療実績があることから、技術的な信頼度も高く、かつ、値段の面でも良心的と言えそうなトコって意味だぞ。

とりあえず、上記2院を、松山のヒルタワと比較して、費用の面でメリットがありそうな部分だけをピックアップしていこう。

もしこの2院のどっちかが気になったなら、高松エリアを検証してるページで詳細を確認してくれ。割引制度の適用条件とかいろいろあるからね。

ABCクリニックは仮性包茎の切る手術が安い

ABCクリニック じゃあまずは、高琴電鉄・瓦町駅の近くにあるABCクリニックから。

ヒルタワと比較して、高松のABCクリニックを推すことができるのは、ズバリ切る手術が必要な仮性包茎クンだけ。

言い換えれば、ABCクリニックで安いのは、仮性包茎で切る手術をする場合だけ。(わかりやすい!)

さて、ヒルタワで 切る手術 をする場合の金額は 52,500円だったよな。
(この値段は仮性包茎にかぎらず、真性でもカントンでも一律同じ料金だ)

ABCクリニックには、ちょっとした手続きだけで適用される割引制度があるんだ。
それを利用することで、仮性包茎に限っては 切る手術 の料金が31,500円になる。

2万円もの差があるなら、ちょっとばかり交通費をかけて向こうで讃岐うどんを食ったとしても、充分お釣りがくるだろう?

ABCクリニック マンガLP

東京ノーストクリニックは交通費を全額負担

東京ノーストクリニック はい、じゃ次。 琴電の鶴屋町駅近く(JR高松駅からも徒歩10分くらい)にあるのが、東京ノーストクリニックだ。

このノーストクリニックの最大の特徴は、包茎手術を受けた人の交通費を全額負担してくれるってゆうサービス。

すごいよねコレ。
所要時間とかの問題は仕方ないとして、交通費がかからないってのは魅力だろう?

それを踏まえてヒルタワと比較してみよう。
まず、軽度の仮性クン向けの 切らない手術 は、東京ノーストもやってる。

ただし、松山のヒルタワと違うのは、
ノーストの 切らない手術 は、接着剤方式ではなく、縫合式という点。

その為、術後の痛みなんかは多少はある。しかし、ヒルタワのように、30才以上になるとこの術式が難しくなるという年齢制限のようなものはない。

で、金額はヒルタワの接着剤方式と同じ31,500円。

松山のヒルタワで、31,500円の 切らない包茎手術(接着剤方式) ができない場合、
それでも尚、切らない手術 にこだわると、いきなり126,000円(SC法)。

それであれば、交通費を出して貰って、高松ノーストに行く方が値段的には全然安いということになる。

カントン包茎、真性包茎の場合

カントン包茎、真性包茎の場合 次にカントン包茎、真性包茎のキミらの場合。
ここでは、交通費の負担ってのが重要なポイントになってくる。

高松ノーストの切る手術は割引制度を利用して、ようやく63,000円だから、松山ヒルタワよりも1万円ほど高いってことになる。

つまり、松山市駅までの自腹交通費が往復で1万円以下であれば、素直に松山ヒルタワで切って貰うのが1番安い。

逆に、松山までの交通費が1万円以上になるなら、いっそのこと高松ノーストまで行って、交通費を全部出して貰う方が、トータルで考えると安くなるよな。

ってことで、最後にちょっとケース別にまとめてみよう。

◆ 仮性包茎で切らない手術をする場合
◆ カントン包茎、真性包茎の場合
東京ノーストクリニック



愛媛県の包茎手術 【格安3万?】 松山ヒルタワで高くなるケースとは

フィード